被災地石巻市を視察して2

2012年04月18日

いたるところに瓦礫がやまずみされ、上部にガス抜きのパイプを立ててありました。内部の腐敗でメタンガスが発生し火災がかなりあったそうです。津波により破壊された家々の瓦礫は撤去され平坦な旧市街地があるのみです。そこにはむなしく家々の基礎部分が残されておりました。今我々にできることは、その山のように積み上げられた瓦礫の処理を請け負うことではないでしょうか?非被災地の自治体が協力し、できる範囲で行うことです。福島原発より何百キロもはなれた石巻には放射能なんてほとんどありません。我々が住んでるところと同じです。反対している人の気持ちもわかりますが、みんな日本人なんです。困ったときはお互いさまなんです、これが人の絆じゃないでしょうか。

2012-04-15 10 10 51

一覧に戻る